ホットヨガと普通のヨガの違い

yaseta3_s

ヨガは決められたポーズを維持しながら、ゆっくりとした呼吸を繰り返すことで代謝アップを目指す方法です。
普段行わない態勢をするので体を鍛え筋肉をつけることや、代謝を上げて痩せやすい体質づくりをサポートすることができます。
そういったヨガを、ただ室内にいるだけでもじんわりと汗をかくくらいに暑い40度近くの室内で行い、たくさんの汗を流すのがホットヨガです。
一般的な普通のヨガも体が温まってくれば汗が流れてくるとはいえ、比較すると比べものにならないほどの汗が出てくるのです。

そのため冷え性で体温が上がりにくい人や普段汗をかくことが少ないという人は、そのような状態を改善する意味も込めてホットヨガを選択する方がよいかもしれません。
また、汗をかくというのは体内にたまっている老廃物などを一緒に流すことにもつながるため、思いっきりデトックスして体の中をリセットしスッキリさせたいという場合にもおすすめです。
さらにホットヨガは暑い部屋で体が温まれば、かたまっていた筋肉がほぐれてやわらかくなる効果も期待でき、体を動かしやすくなるというメリットもあります。

このように魅力的なホットヨガですが、身体だけでなく心にもよい影響が得られるようになっています。
汗を大量にかくと心身共に身軽になったような感覚になれるものですが、その気持ちの変化によりストレスを解消することもできるのです。
日ごろためこんでいるストレスを一気に発散したいというときには、気軽に実践できる効果的な方法だと言えます。
心が整えばホルモンバランスの乱れが正されるほか、自律神経のバランスを正常にすることも可能です。
とはいえ室内が暑いので暑さが苦手な人は、ヨガにとって最も重要な深い呼吸がしにくくなり、そのせいで疲れを感じやすくなる場合もあります。
ホットヨガと普通のヨガの違いは室温とそれによる影響と言えるため、それぞれのメリットとデメリットを比較し自分に合った方を選ぶようにしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>